一戸建てで導入が増えている太陽光発電

導入費用が高く、最先端のエコ設備だった太陽光発電も、今や設置している一戸建てが珍しくありません。
新しく家を建てる人のほとんどが、一度は導入を検討すると言っても過言ではありません。

それほど普及が進んでいる理由は、1つには技術の進歩によって発電効率が良くなっていることがあります。

さらによりコンパクトで高効率の発電が可能になっており、普及が進んだことで導入費用も抑えられるようになりました。


太陽光発電は、自宅で使う電気を発電し、余った電気を買い取ってもらえる設備だと思っている人が多いでしょう。


確かにその通りですが、実は10キロワット以上のシステムを搭載すれば、余剰電力だけでなく、全量買取も可能です。

松阪の注文住宅に関する情報に追加しています。

現在電気は買うよりも売るほうが高いので、全量買取のほうがより利益が出る仕組みです。


しかも10キロワット以下なら10年間しか買い取ってもらえませんが、10キロワット以上なら20年間買い取ってもらうことができます。



導入費用はその分かかりますが、充分に元が取れる計算です。

10キロワット以上と言えば、以前は大きな屋根の一戸建てでなければ搭載が難しかったのですが、現在は比較的小さな建物でも搭載できるようになっています。

これから一戸建ての購入を考えている人は、検討する価値があるでしょう。

売電価格は年々下がっていますが、契約当初の価格が10年あるいは20年固定されますので、早く契約するほど得です。



余剰電力買取制度を利用しても、住まいの断熱性能を高めれば、大きな利益が期待できます。